HOME | 交通事故治療 | 病院からの転院

病院からの転院なら足立区ファミリア整骨院へ

根本改善できるところ
ファミリア整骨院でも交通事故の治療が受けられます
交通事故患者様の声
交通事故患者様の感想
交通事故治療の約束
 

足立区六町、南花畑ののファミリア整骨院は、交通事故の治療、相談だけではなく、示談交渉などの法的サポートまで任せられる整骨院です。

相談できる内容としては、事故に遭った時、ケガの緊急治療、後遺症、事故を起こしてしまった時、などがあります。

他の医療機関からの転院ができます

ファミリア整骨院は、他の整形外科や接骨院といった病院に通っている人でも、転院することが可能です。
足立区で、交通事故の専門治療院を探している人は、ファミリア整骨院に転院を考えても良いでしょう。
 
むちうち症などは、一般の病院に通っていてもなかなか改善しないケースが多いです。
 
骨折や目に見える外傷がないと、軽傷だと思ってしまうことも多いですが、むちうち症は適切なケアをしないと後遺症が残ってしまう可能性もあります。
 
なので、むちうち症は交通事故の治療を専門的に行っている整骨院を受診するのがベターなのです。
 
足立区六町、南花畑のファミリア整骨院の治療は、まず徹底的にカウンセリングを行うことから始めます。

通院の初期は急性期で痛みが激しいことも多いので、まずは痛みを緩和することを目標にします。
 
西洋医学では、痛みが出ている場所しか相手にしないことが多いですが、整骨院は東洋医学の手法も取り込んで、全身のバランスをみながら処置していきます。
 
中期~後期には歪みとりを行い、後遺症が残らないように徹底的にケアしていきます。

ひとつの手法だけではなく、症状や時期に合わせて適切な施術を考えて、組み合わせて行っていきます。
 

医療機関を変える判断基準は、次の3ポイントです。

1つ目は、通院から2週間経過しても症状の改善がみられない場合です。
2週間では効果が出ているのかわからないと思うかもしれませんが、交通事故の症状は外部から受けた大きな衝撃による損傷なので、時間が経過するに連れて元に戻すのが難しくなります。

損傷を受けてから、平均3ヶ月で症状が固定されてしまうので、なるべく早く効果の高い施術を受けて体を改善したほうが良いです。
 
腰痛や肩こりと違って、ゆっくり時間をかけて治したほうが良いというのは交通事故の損傷には当てはまりません。
 
2つ目は、痛みや不快感があるのに異常なしと診断された場合です。
むちうち症などは背骨全体が微妙にズレているだけで、レントゲン検査や見た目ではほとんどわからないことが多いです。
 
症状に不慣れな医師にあたってしまうと、不適切な処置で終わってしまうこともあります。
 
3つ目は、リハビリの開始を遅らされる場合です。
リハビリの時期は、早いほうが後遺症は残りにくいです。
 
急性期が過ぎて症状が固定されてきたら、なるべく早く体を動かしたほうが良いです。
それを待たされて納得いかない場合には転院を考えても良いでしょう。
 

根本改善
  • 監修者情報
監修:阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。 
ファミリア整骨院の診療時間