HOME | 対応症状 | ぎっくり腰

ぎっくり腰はなぜ起こる?

ぎっくり腰による痛み

ぎっくり腰は突然起こることが多く、不安を抱えている人にとっては心配の種です。

ぎっくり腰のリスクが高いのは、普段から腰に負担をかけている人や、筋肉の硬さを放置してしまっている人などです。

また
骨盤のズレが発生していたり、運動不足が積み重なって腰に負担を掛けることもあります。

意外なことに足の疲労が影響して、歩き方の変化からぎっくり腰に発展するケースも存在するほどです。

ぎっくり腰に繋がるリスク要因は大きく、体の状態や些細な変化を切っ掛けに発症するのが主な流れです。

普段から腰に負担をかけている人は、日頃から腰を痛め付けていることに築いていない状況です。

初期の頃は負担に耐えられますが、筋肉の硬さや骨盤のズレなどが進行すると、相乗的に作用してぎっくり腰を引き起こします。
 

  • 運動不足の人に腰痛が多い

運動不足も普段から腰に負担をかけている要因の一つで、突然の発症に結び付きます。

足の疲労は血行不良の引き金になりますから、腰の疲労感も増して痛みが生じやすくなります。

腰回りの筋肉の硬さを実感している場合は、放置していると何時発症してもおかしくないです。

骨盤のズレは体全体の不調へと繋がり、間接的に腰を痛めてしまうこともあるほどです。
足の疲労と相まって、おかしな重心バランスや歩き方が発生していれば、もうそれだけでリスクがあります。

このような体の状態が続いていると、簡単な切っ掛けを起点に腰への負担がピークに到達して、最終的にぎっくり腰の発症となってしまうのです。

ぎっくり腰が起こるときの動作と症状

ぎっくり腰の症状

座った状態から立った時は、その立ち上がり方次第でぎっくり腰が起こります。

急な動作は関節に掛かる負担を高めるので、筋肉や神経を痛めてしまうことがあります。
前かがみは重心バランスが頭の方にずれるので、姿勢を崩さないように腰を引いてバランスを保ちます。

しかし
頭と腰で重心を維持する状態というのは、背中を丸めて腰が普段の位置からずれることを意味します。

重心の移動や腰の曲げ伸ばしが短時間の内に起こるので、座った状態から立った時への変化には要注意です。

荷物を持ち上げたときは、良くあるぎっくり腰の引き金の一つです。
立った状態で床にある荷物を持ち上げようとすると、腰に掛かる負担はピークに達して荷物の重量が直撃します。

筋肉は伸ばされ姿勢を保とうとしますが、疲労感が蓄積したり柔軟性が低下していれば、いとも簡単にぎっくり腰を発症します。

腰が抜けたような感覚は、ぎっくり腰が起こった瞬間に現れる現象です。

筋肉に力が入りにくくなって、急に姿勢が崩れてしまうのが特徴だといえるでしょう。

再び立ち上がろうとする際には、激痛で動けなくなることも珍しくないです。
他にも落とした物を拾おうとしたり、掃除機を掛けている最中に発症するケースもあります。

洗顔時の姿勢がぎっくり腰に至ることもありますが、意外にくしゃみをしたときにも起こったりします。

くしゃみは一時的に腰が反る状態になって、そこから一気に前かがみへと移行します。
勢い良く吐き出すくしゃみと、瞬間的に掛かる腰の負担が、ぎっくり腰を引き起こすスイッチとなるわけです。
 

足立区ファミリア整骨院のぎっくり腰治療

足立区に施設を構えるファミリア整骨院では、ぎっくり腰用の治療プログラムを用意しています。

腹圧を整え骨盤を安定化させることに加えて、骨盤のゆがみを整える施術や、遠隔的なアプローチも組み合わさります。

最新の治療器の導入も行っているので、多角的なアプローチでぎっくり腰の改善に期待できます。

ぎっくり腰の引き金を引いたり、症状を長引かせている主な原因は、体の中心を司る骨盤を中心とした歪みです。

コルセットを巻いたり湿布や鎮痛剤でやり過ごす、これも応急処置の一つではありますが、長い目で見るなら根本的な改善が不可欠です。

ファミリア整骨院のぎっくり腰用の治療プログラムは、骨盤や骨格の矯正をベースに、自律神経の調整や骨格トレーニングが改善に導きます。

急なぎっくり腰に対する応急処置としても、ぎっくり腰用の治療プログラムは有効性を発揮します。

その効果は施術を受けた人達のお墨付きで、腰の痛みがなくなり軽くなって不安が払拭できたと評判です。

腹圧を整え骨盤を安定化させるメニューは、長期的な視点で腰の状態を安定状態に導くプログラムです。

腰はお腹と協力し合う関係なので、バランスが崩れると負担が増えて痛みを生じたりします。

骨盤のゆがみを整える施術は、骨や関節を本来あるべき位置に戻すのがポイントです。

位置がずれた骨格は肩こりや頭痛を引き起こすように、腰痛を強めたり長引かせる要因となります。

それを解消するのが骨盤のゆがみを整えるプログラムで、腹圧を整え骨盤を安定化させるプログラムとセットの関係です。

一方の遠隔的なアプローチとは、体を支える脚の緊張感を緩和したり、筋肉や関節の動きを良くして腰を安定化させる方法です。

腰の痛みを直接減らすやり方ではありませんが、間接的に骨盤を動きやすくしたり、腹圧を上げやすくすることで悪化を防ぎます。

骨盤のゆがみを整える矯正治療と合わさって、将来的に自信が持てる腰回りが手に入れられます。

最新の治療器は痛みを取り除く医療機器で、耐え難い痛みを緩和してくれるファミリア整骨院の心強い味方です。

治療器が適用できるかどうかは腰の状態によりますが、症状の改善を妨げる痛みが生じていれば、状況を判断して最新の治療器が用いられます。

応急処置は処置のタイミングややり方次第で、以降の状態や改善のペースを大きく左右します。

間違った処置は逆効果に結び付きますし、場合によっては必要以上に長引かせてしまうこともあるでしょう。

ぎっくり腰治療のプロ、足立区ファミリア整骨院は的確な判断とアプローチで、安心の応急処置を提供しています。

継続的な状態の改善にも強みを持っていますが、突然起こった痛みについても、施術と治療の実績やノウハウを十分に持ちます。

ぎっくり腰用の治療プログラムはまさに、これまでの経験と治療の成果から生み出された技術です。

腹圧を整え骨盤を安定化させる、これは案外見落としがちで普段は意識しない大切な要点です。

骨盤のゆがみを整えること自体は、ファミリア整骨院以外でも普通に行われていますが、この施設はぎっくり腰に強い整骨院ならではのノウハウがあります。

遠隔的なアプローチも軽視することなく、様々な角度から腰痛という問題に取り組んでいます。

腰痛は人間にとって切っても切り離せない悩みで、二足歩行を続ける限り逃れられない運命です。

誰でも条件が揃えば簡単に発症しますから、急に痛みが発生しても相談できる整骨院を見付けておくのは良いことです。

東京都の足立区なら、ぎっくり腰のエキスパートで知られるファミリア整骨院が有力です。

立地はアクセスしやすい場所にありますし、交通機関も発達しているので、一人でも無理なく通い続けることができます。

ファミリア整骨院には最新の治療器が備わりますから、激痛を取り除いてもらうだけでも、選んで施術を受けてみる価値があります。

ただ施設の真価に気が付けるのは、ぎっくり腰用の治療プログラムを受けて腰痛に強い体作りを始めてからです。

腹圧を整え骨盤を安定化させることで、強かった痛みは次第に落ち着き日常生活が送れるようになります。

骨盤のゆがみを整える方法は、再発を防いだり回復を早める施術です。
これに遠隔的なアプローチを加えることによって、ぎっくり腰の発症原因が取り除かれるので安心感が得られます。

体の様々な悩みに応えている整骨院ですが、ぎっくり腰用の治療プログラムを用意している施設は限られます。
 
ぜひ当院でぎっくり腰の治療を受けてみませんか?
 

ぎっくり腰にならない身体づくりのために

腰痛防止の運動

ぎっくり腰を防ぐ為には、身体を根本から作り変えて維持することが大切です。
 
日常的なカラダのメンテナンスを心掛け、インナーマッスルを鍛えるトレーニングに取り組めば、腰に限らず様々な不安が解消できます。

運動習慣や休息をとることも大切ですし、継続を行えばぎっくり腰のリスクを減らせますが、骨盤に歪みがあるなら骨盤矯正が効果的です。

骨盤や骨格のずれは、姿勢を整える注意を心掛ければある程度は正常な位置に戻せます。
ただし、大きな歪みが生じていてインナーマッスルを鍛えるだけでは足りない場合は、骨盤矯正が効果的に腰の働きをサポートしてくれます。

不安のない身体の状態は、正常な骨格とバランスの良い筋肉、この二つが合わさることで初めて実現します。

筋肉は日常的なカラダのメンテナンスで維持できますが、骨格の歪みには専門的な技術が必要となります。

その骨格を正常に導いてくれるのが足立区にあるファミリア整骨院です。

骨盤矯正が効果的なのは整骨院における常識ですが、ファミリア整骨院は一回の施術で明らかな改善を達成します。

変化は写真で見比べれば一目瞭然で、誰が見ても姿勢が良くなったことが分かる位です。
反対に捉えるなら、人の骨格は簡単に歪んだり誤った状態を保ちやすく、同時に改善するのも容易ということが分かります。

筋肉は腱で骨と結ばれていて、骨の動きを支えるように動作するのが特徴です。
筋肉量の低下は骨格や姿勢の維持に影響しますが、骨の歪みまで発生しているとぎっくり腰のリスクは大幅に高まります。

リスクを軽減して健康的な身体を維持する方法の一つが、インナーマッスルを鍛える日常的なカラダのメンテナンスです。

部分的な筋トレを繰り返すのではなく、前後左右のあらゆる筋肉を満遍なく鍛えるのが得策です。

大きな筋肉を維持するのも大切ですが、小さな筋肉にも目を向けてバランス良く鍛える必要があります。

運動習慣や休息をとる重要性は、筋肉量を着実に増やしたり、疲労を蓄積しない目的から明らかです。

過度な運動はエネルギーを消費し過ぎてしまい、筋肉が増えるどころか減らすあり得ます。

休息は筋繊維の修復に欠かせないので、運動をしたら休みもメニューに採り入れるのが理想的です。

身体を支えるインナーマッスルを鍛えることができれば、姿勢を整える結果が得られたり、ぎっくり腰が防げる身体が手に入ります。

それでも忘れてはいけないのが、骨格という身体を形作っているフレームの歪みです。

誤った姿勢を長期的に続けていると、姿勢を整える取り組みを続けても、根本から改善されない場合が少なくないです。

骨格の歪みは潜在的なぎっくり腰の引き金ですから、整骨院などで確認してもらったり、必要に応じて整えてもらうことが肝心です。

骨盤矯正が効果的なのは、それだけ身体の状態や調子に与える影響が強く、腰に関わる影響度も無視できないからです。

ファミリア整骨院であれば、日常的なカラダのメンテナンスの場としても、骨格を見直し姿勢を整える環境としても役立ちます。

インナーマッスルを鍛えるアドバイスも受けられるので、総合的にアプローチしてぎっくり腰が防げます。

運動習慣や休息をとる必要があるとしても、日常生活が忙しいと疎かになりがちです。

運動不足は筋肉量の低下を引き起こし、アンバランスな状態が生じて骨格を歪めます。
骨盤の歪みは特に無視できない問題で、放置を続ければぎっくり腰などの症状になって現れます。

毎日座りっぱなしの人や、休日に取り組む運動習慣がない人は、自身の身体を見直してリスクを減らすチャンスです。

ぎっくり腰の発生は何時も突然で、一度発症すると再発しやすく日常生活にも支障を来します。

痛くなっても治療はできますが、未然に防いで不安も解消できる、これがファミリア整骨院の強みです。

  • 監修者情報
監修:阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。 
ファミリア整骨院の診療時間