ファミリア整骨院ヘッダー
ファミリア整骨院スマホヘッダー
交通事故治療むちうちの店員可能

HOME | 対応症状 | 肩こり

肩こりならファミリア整骨院におまかせください!

肩こり①
ファミリア整骨院の肩こり治療②
肩こり矯正の感想
肩こり②
肩こり③
肩こり④
肩こり⑤
肩こり⑥
肩こり⑦
ファミリア整骨院の肩こり治療⑧
ファミリア整骨院の肩こり治療⑨
ファミリア整骨院の肩こり治療⑩

肩こりの症状でお悩みではありませんか?

 
肩こり

☑パソコンをしているといつもどちらかの肩こりが強い!
☑肩こりがひどくなると頭痛がしてくる!
☑朝、目が覚めた時から肩が凝っている・・・

肩が重くだるい、痛みがあるなどの肩こりの症状で悩んでいませんか。
 
また、肩だけでなく首や背中まで強ばりがあって動かしにくいということはありませんか。

肩こりは、国民病と言われることがあるほど、多くの日本人が悩んでいる症状です。

あまりにありふれた症状のために軽視される傾向があり、症状が軽いうちはついそのままにしてしまいがちになります。

しかし、そのまま放置していると、症状はどんどん深刻化していきます。

肩周辺の鈍い痛みや張りだけでなく、吐き気やめまい、頭痛が起きることがあるという人も多いでしょう。

さらにひどくなると肩が重くて眠れない、重い荷物を背負っているような感覚があるといった状態にもなります。

身体の症状だけでなく、改善しない不調にイライラしたり仕事などに集中できないということも起こってきます。

肩こりは、首や背中をふくむ肩周辺の筋肉が凝り固まり、血流も滞るために起こるものです。

筋肉を酷使すれば当然疲れがたまりますので、凝り固まること自体はおかしいことではありません。

健常な状態であれば、休息を挟めば固まった筋肉は自然とほぐれ、柔軟性を取り戻します。それに伴い痛みや疲労感、不快感などもなくなります。
 

肩こりから頭痛に
肩こりから頭痛を引き起こすことも 

ところが、肩こりを招く原因となる状態を長時間続けると、固まった凝りが自然とほぐれず、痛みや圧迫感、頭痛や吐き気などが続くようになるのです。

この辛い症状に悩み、病院や治療院で施術を受けたことがある人もいるでしょう。

しかし、すぐに症状がぶり返して悩んでいるという人も多いのでは。

これは、肩こりになる原因を取り除いていないために起こることです。

筋肉の凝りを一時的に解すだけでは、永続的な肩こりの改善は見込めません。

肩こりの原因とは?どんな症状や日常生活の問題があるか?

 
肩こりの原因とは?

どうしてこれほど肩こりに悩む人が多いのでしょうか。

それは、日ごろ送っている生活に、筋肉の凝りを招く原因がいくつもあるためです。
 
肩が凝る原因にはどのようなものがあるか、見ていきましょう。

肩や背中、首が凝る原因はさまざまにありますが、大きくは
「姿勢・運動不足・眼精疲労・ストレス」の4つにわけることができます。
 
肩こりを招く原因としてもっとも大きいのは、姿勢の悪さです。
 

  • 姿勢の悪さが肩こりの原因
 
猫背が肩こりの原因

現代では、仕事で長時間パソコンを使い、通勤時間はスマホをいじり、自宅に帰ればタブレットを触りといった生活を送っている人は多いでしょう。

パソコンなどの端末を使う時は、モニターを覗き込み、キーボード操作をするために、自然と背中が丸くなって顔を突き出すような体勢になります。

いわゆる猫背と呼ばれる姿勢です。
ふだんあまり意識することはありませんが、人間の頭部には結構な重量があります。

猫背になると、前傾した頭を支えるために、首や肩に大きな負担がかかることになるのです。

また、電車を待っているときや乗っているとき、あるいはちょっとした待ち時間などに、暇つぶしにスマホを触っている人はたくさんいます。

その際も、立った状態で猫背になっていることが多いものです。
 
また、片足に重心をかけて立ったりしているケースも要注意です。
立ち方は肩こりと関係ないように思えますが、体の片側に重心をかけた姿勢でいることが問題になります。
 
この体勢では体の一方に負担がかかりすぎ、負担がかかった筋肉が緊張するので、そこから肩こりにつながる可能性が考えられるのです。
 
仕事で必要なのであれば、パソコンの使用時間を減らすことは難しいでしょう。
 
しかし、適度に休憩してストレッチを行ったり、パソコン使用時の姿勢に気をつけることで、肩こりの予防になります。

デスクワークで猫背
こういった姿勢が長時間続くと肩こりに

パソコン使用時には、モニター画面から40cm以上離れて目線が自然に下にいくようにし、背筋を伸ばして椅子に深く座るようにすることが大切です。
 
また必要がなければ、あまりスマホを触らないようにするのも良いでしょう。
 

  • 運動不足で全身の血行が悪くなっていることも
運動をする習慣がない

運動不足の生活を送っている場合も、肩が凝りやすくなります。
 
たとえ姿勢が悪く一時的に肩こりが起きたとしても、体を動かしていると血行が良くなり、凝りもほぐれるものです。
 
ところが、仕事はデスクワーク、どこに行くにも車といった生活で、歩くことも運動する機会もほぼ無い場合、固まった筋肉がほぐれることがありません。
 

ウォーキングをする女性

体を動かすと血行も良くなりますが、運動不足の生活を続けると全身の血の巡りも良くなりませんので、老廃物の排出もとどこおり、筋肉の疲労がとれず肩こりを招きます。
 
いきなりジョギングやジム通いをする必要はありませんので、通勤の際に一駅先に降りて歩いてみる、起床時や就寝前にストレッチを行うといった工夫をとりいれてみましょう。
 
ウォーキングやサイクリングなどもおすすめです。
 

  • 眼精疲労が溜まると肩こりを感じやすくなる?
目の疲れ

パソコンやスマホの使用とも関係しますが、眼精疲労が原因で凝りを招くこともあります。
 
長時間パソコンやスマホを見ていると、目が酷使されて疲労します。
 
これが単なる疲れ目の場合は、適度な間隔で間に休息をはさむことで、疲れは自然と解消するものです。
 
しかし、休息しても睡眠をとっても目の疲れが改善しない場合は、眼精疲労を起こしている可能性が高くなります。
 
疲れ目と眼精疲労は、別物として区別されているのです。
 
眼精疲労になると、目のかすみやぼやけだけでなく、めまいや頭痛、肩こりなどの身体症状も招きます。眼精疲労でかすんだ目でよく見ようとして目を凝らしたり、余計な力が入ったりするために、筋肉が緊張し、凝りを招くと考えられています。
 
改善するためには、パソコンやスマホを使う時は1時間に1度は休憩をとって目を休めることが大事です。
 
また目の周りを蒸しタオルなどで温めるのも、血流を良くしますので効果的です。眼球をぐるぐる動かす運動でも筋肉がほぐれる効果が期待できます。
 
そのほか、充分な睡眠をとったり、目に特に良いと言われる栄養素のビタミンAやビタミンB群、アントシアニンなどを摂取することも良いと言われています。
 
眼精疲労が改善すると、肩こりの緩和にも結びつくでしょう。
 

  • ストレスからくる肩こりも
ストレスで肩こりに

また、ストレスが肩こりを招いていることがあります。
 
ストレスとは精神的な緊張や心労などが原因で、精神的・肉体的に負担となる状況や状態のこと。
 
仕事のプレッシャーや人間関係、家庭環境などで日々ストレスを感じていると言う人は多いでしょう。
 
人間は、ストレスを感じると交感神経と副交感神経のバランスが乱れます。
 
簡単に説明すると、交感神経は興奮して活発になる神経のことで、副交感神経はリラックス状態で優勢になる神経のことです。
 
このふたつがバランスをとって働くことで、人間は健やかな生活が送れます。
 
ところが、ストレスによってバランスが崩れると常に交感神経が優勢な状態になることがあります。交感神経が活性化すると、心拍数が増えて血圧が上昇し、筋肉も硬くします。その状態が継続すると、肩こりが起こるのです。
 
ストレス源が無くなれば改善の見込みがありますが、簡単に職場をやめたり人間関係をばっさり切るわけにもいきませんので、なかなか難しいものです。
 
そこで適度に発散することが必要になります。
 
リラックスできるような音楽を聴く、軽い運動をする、集中できる趣味を持つといったことが効果があるでしょう。
 
ただし、ネットサーフィンや読書、ハンドメイド系の趣味は、猫背になりやすく姿勢の問題で肩や首のこりを招く可能性がありますので注意しましょう。

また、入浴のときにシャワーだけで済ませていたり、湯船にさっとつかってすぐに出たりといったことはしていませんか。
 
入浴のさいは、40℃程度のぬるめの湯をはった浴槽に、肩までゆっくりとつかるのがおすすめです。血行が良くなり、こった筋肉がほぐれてきます。
 
上記の4つの原因のほかに、四十肩や心筋梗塞、狭心症などの病気のときも肩こりの症状が見られることがあります。

五十肩

更年期障害や低血圧症なども肩こりを起こす病気です。
 
このケースが疑われる場合は、まずは病院を受診しましょう。
 
病気であれば治療を優先させることが大事です。
 
病気が改善すれば、肩の凝りも良くなるでしょう。
 

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

病院での対処法

ストレッチやセルフマッサージをやっても肩こりの諸症状が改善せず、病院や整体院、整骨院などで施術を受けたことがある人もいるでしょう。
 
また、どこか受診しようと考えている人もいるのではないでしょうか。肩こりの場合、病院の整形外科・整骨院・整体院のいずれでも診てもらえます。
 
ただし、その施術内容はそれぞれで異なります。整形外科を受診した場合は、まずはレントゲンやCTなど画像検査を行い、骨の異常がないかを調べます。
 
また病気によるものかの診断も行います。
 
その上で肩こりと判断された場合、行われる治療は、痛み止めの飲み薬やシップの処方が主なものです。
 
生活習慣の改善指導などが行われることもあります。
 
しかし、それ以上のことは通常行われません。
 
骨に異常がある、れっきとした病気に罹っているという場合は積極的に治療が行われますが、異常がなく肩の周辺が凝っているだけということであれば、痛み止めやシップで様子を見るというだけになります。
 
根本の原因をさぐりそこを改善するという処置は期待できません。
 

  • 一般的な整骨院ではどんな対応をしている?
マッサージばかりの整骨院

次に、一般的な整骨院の対処法を見ていきましょう。
 
なお、整骨院と整体院は混同されることが多いですが別物です。
 
整骨院の施術者は、国家資格である柔道整復師の資格が必要です。
 
指定の大学で既定の専門科目を学び、国家試験に合格して初めて資格を得ることができます。
 
肩こりの施術では、手技や電気療法などを行って患部をほぐしていきます。
 
整形外科と異なり、痛む部分に直接アプローチを行いますので、症状の改善を実感することが多いです。
 
ただし、多くの場合とられるのは患部への簡単なマッサージによる施術。
 
一時的には改善しても、原因を取り除いていないため、その場しのぎの施術となり、多くのケースで痛みや不快感がぶり返すということになります。

整体院での施術は、特に資格がなくても誰でも行えます。
 
施術者は、それぞれ独自のやり方で痛む肩や首に手技を施し、肩こりの改善をはかります。
 
しかし
この場合も、一時的な対症療法となり、根本からの改善は望めません。

病院や治療院で治療や施術を受けても、長年に渡って通い続けても、その時は楽になった気がしてもすぐにぶり返すという人は実にたくさんいます。
 
これは治療や施術の多くが、痛みをおさえて様子を見るだけであったり、簡単なマッサージで筋肉をほぐすだけだったりするためです。
 
一時的には楽になりますが、肩こりから解放されることはありません。
 
大事なのは対症療法ではなく、原因の根本からの改善です。
 

病院や他院とは違う!当院の肩こり治療

足立区六町のファミリア整骨院病院やほかの院と異なるのは、根本改善を目指した原因治療を行っている点です。
 
病院では痛み止めやシップの処方で様子見となることがほとんどです。
 
治療院では痛む個所の筋肉にマッサージや電気治療を行うことが多く、その場合、一時的に楽になってもまた症状が起こるケースが多く見られます。
 
これらの治療法が悪いわけではありません。
 
しかし
ファミリア整骨院では、身体の根本的改善を行うことをコンセプトとした施術を行っています。
 
治療は患者様ひとりひとりの状態に合わせたオーダーメイド施術となります。
 
カウンセリング時間を十分にとってしっかり患者様の話を聞いてその時その時の身体の状態を把握。そしてそれに合わせて最適な療法で施術を行っています。
 
その施術のメインとなるのが、整体による骨格の矯正です。
 
施術の際は、まずは姿勢分析器による画像検査や体幹検査などを行い、歪みの場所や部位を確認します。
 
その後、状態に合わせた治療プランを提案し、実際に施術。その後は、施術前と比較して身体の変化を検証し、日常生活を送るうえで注意すべき点や気をつけたいことなどのアドバイスも行っています。
 
ファミリア整骨院が整体による骨格の矯正をメインとしているのは、身体の中心にあるのは骨格だからです。
 
筋肉は骨の上にあるものですので、いくら筋肉を揉んで柔らかくほぐれたとしても、その下の骨格が歪んでいればまた偏よった負担がかかり、凝り固まってしまいます。
 
そうならないためには、姿勢を直して骨格の歪みを改善することが何より大切です。
 
骨格を正しい位置に戻すことで、がんこで辛い肩こりの症状の緩和が期待できます。骨格の矯正では、猫背など姿勢の悪さを正すだけではありません。
 
首や肩関節、背骨のほか、骨盤や股関節、足首など患者様の身体の歪み方に応じた矯正を行っていきます。
 
そのため、肩こりの治療で訪れた人は、肩とは関係なさそうな部位の施術を行うことに驚くかもしれません。
 
しかし身体は繋がっていて、互いに影響しあっていますので、これは必要なことなのです。
 
身体の骨格が正しい位置にリセットされると、猫背矯正されて姿勢が良くなり、肩や首の筋肉にかかっていた負担は軽減します。
 
それに伴い、だるさや痛みは楽になり、また疲れを感じにくくなるでしょう。
 
頭痛や吐き気なども改善も見込めます。身体の歪みがなくなれば全身の血が流れやすくなり血行が良くなるほか、リンパの流れも改善するでしょう。
 
すると冷えが改善されてむくみが解消したり、代謝が向上して体の不調が良くなったりといった効果も期待できます。
 
自然治癒力や免疫力も高まりますので、これまですぐに風邪をひいていたというような人でも、健やかな状態を維持しやすくなるでしょう。
 
なお、整骨院での矯正治療というと、バキバキと力を込めて行う痛いイメージあるかもしれません。
 
しかし、その点は安心してください。
 
痛みを伴うような手技は身体に負担となりますので、行っていません。
 
痛みを感じると身体は抵抗して力が入ってしまいますので、施術効果も半減してしまい、意味がありません。
 
ファミリア整骨院では、豊富な知識と熟練の技量を持った柔道整復師が丁寧でソフトな手技で施術を行っていきます。
 
痛みもありませんので、安心して受けられるでしょう。
なお、1度の施術で骨格を完全に矯正することはできませんので、その点は注意してください。
 
1度の施術でもある程度の改善は見込めますが、定期的に通い、歪みを正していくことが大切です。
 
日常生活を送るうちに、徐々に少しずつ骨格の歪みやずれが生じてきますので、それを治すためにも定期的な通院は望ましいと言えます。
 

追伸:肩こりでお悩みのあなたに

肩こりはついついガマンしがちです。
 
しかし、何もせず放置していると、痛みやだるさだけでなく頭痛や吐き気、めまいなども起こすことも。
 
そうなるととても辛いものです。
 
早期に適切な治療をはじめれば、肩こりの早期改善が見込めます。
 
足立区にあるファミリア整骨院では、根本からの改善を目指した施術を行っています。整体による矯正を行うことで姿勢を改善し、肩こりを解消するだけでなく、ふたたび凝りにくい体にすることを目指しています。
 
ひとりひとりの症状や状態をしっかり聞き、それぞれにあった治療プランを提案しますので、きっと無理なく続けることができるでしょう。
 
日常生活におけるアドバイスも行っています。辛い状態をこれ以上ガマンせず、ぜひ一度ご相談ください。

根本改善
  • 監修者情報
監修:阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師・整体師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。 
ファミリア整骨院の診療時間