ファミリア整骨院ヘッダー
ファミリア整骨院スマホヘッダー
交通事故治療むちうちの店員可能

HOME | ファミリア整骨院 | 整骨院の保険適用

整骨院の保険適用について

整骨院に掛かる場合は、保険適用について確認することが大切です。

各種保険取扱と掲げられていても、念の為にチェックする必要があります。

基本的に接骨院は病院ではなく、また柔道整復師が健康保険の適用で施術できる範囲は限られます。

保険適用の範囲に関しては、厚生労働省の通知などによって定められているので、これがポイントとなります。

各種保険取扱といっても、全ての施術が保険適用になるわけではないです。

慢性の怪我は保険適用外なので、その点を基本として理解することが重要です。

つまり急性の症状の施術において、保険が適用される結果に結び付きます。

交通事故の怪我にも対応する接骨院であれば、自賠責保険の適用を受けることができます。

具体的にはむち打ちや骨折など、事故による急性の怪我が施術の対象となります。

また怪我や施術のケースによっては、労災保険を活用したり適用してもらうことも可能です。

いずれも施術の負担軽減に繋がるので、各種保険取扱の接骨院に相談した上で、使える保険を活用することが肝心です。

大抵の接骨院なら健康保険や自賠責保険、それに労災保険にも対応しています。
この点は、柔道整復師が施術を行う施設において共通している特徴です。
 

骨折・脱臼には医師の同意が必要

保険適用が受けられる施設でも、骨折や脱臼の場合は医師の同意が必要です。
 

  • 骨折とは?

骨が折れてしまったり、ひび割れた状態を指しています。

強い衝撃を受けたり、何度も繰り返し無理な力が加わると、骨は耐えられなくなって折れます。

交通事故のケースだと、前者は衝突や投げ飛ばされた際の落下で発生します。

後者は何らかの理由で振動が起こり、体が強く揺さぶられると、疲労骨折という形で症状が現れます。

保険請求や適用においては、完全骨折のみならず不全骨折であっても、施術の前に医師への相談が欠かせないです。
 

  • 一方の脱臼とは?

骨と骨がずれて痛みを伴い、時に靭帯を傷めてしまう症状のことです。
 
体を激しく動かすスポーツ選手であったり、肉体労働者に多い症状ですが、交通事故でも発生する場合があります。

関節のある場所なら何処でも起こりうるので、発症しやすい条件に当てはまる人は、油断しないで気を付けることが求められます。

これらの症状で施術を受ける時、保険適用の前に医師の同意が必要になるというわけです。

しかし
応急処置が不可欠な最初の一日は、例外としてこの対象ではないです。
 
応急処置における骨折とは?
状況に応じて患部を安静にする為に固定されます。

骨折の程度によっては、ショックで嘔吐や気絶する場合もあるので、治療方針の頭文字を取ったRICES処置が施されます。

保護や安静に冷却を始めとして、圧迫と挙上に安定や固定が加わっているのがRICESです。

整骨院の出番となるのは、応急処置を経て症状が安定した後です。

脱臼の場合も応急処置の基本はRICESで、止血や固定を重視して対処されます。

脱臼とは?
一口に言っても、捻挫や骨折と区別が付かないケースがあるので、必ず医療機関での診断が必要になります。

柔道整復師は医師ではないので、レントゲン撮影や症状の正確な診断は不可能です。

骨折や脱臼を疑い接骨院で施術を受けたい場合は、予め医療施設で診察を受けて、同時に医師の同意を得ることになります。

自己判断で医師の同意なく接骨院で施術を受けると、保険請求が難しくなったり適用されなくなる恐れが強まります。

このような怪我や症状に遭遇するケースは少なくないので、接骨院に掛かるとしても、まずは医師に診てもらうことが先決です。

正確な診断には早めの診察が必要で、早いほど回復期間の短縮や保険適用の可能性がアップします。

保険を活用する為には医師の同意が不可欠なので、後回しにしないで先に医療機関を受診することが基本です。
 

打撲・捻挫・挫傷は整骨院で施術可能

打撲や捻挫、それに挫傷でも整骨院で施術を受けることができます。
 

  • 打撲とは?

別名打ち身と呼ばれる症状で、体の一部をぶつけた際に起きる怪我のことです。

患部にはアザが生じますから、これが体をぶつけた証明となります。

打撲は太ももや肩を中心に、大きな筋肉が集まる部分で発生しやすい傾向です。

また向こう脛も打ち身を起こしやすい部分の一つで、骨に異常は生じない点が共通します。

打撲の応急処置は兎に角冷やすことで、炎症の悪化や広がりを抑えることが回復を早めます。
整骨院では血流の改善を促したり、体をリラックスさせることで回復を手助けします。

国家資格を持つ柔道整復師が担当するので、施術の内容は確かですし、早期の回復にも期待できます。
 

  • 捻挫とは?

関節に強い力が加わり、靭帯が伸びたり断裂してしまう状態のことです。

関節なら何処でも起こりえますが、統計的には足首で発症するケースが多いです。

靭帯が完全に切れてしまうと靭帯断裂、筋肉のみ損傷を受けた時は肉離れといいます。

程度や部位によって治療方法が左右されるので、初期診断と治療方針決定の重要度は高めです。

不適切な治療や施術を行うと、靭帯の修復は不完全となって、関節に緩みが生じてしまいます。

緩んだ関節は捻挫しやすくなる癖が付くので、早期から柔道整復師に回復をサポートしてもらうのが理想的です。

重い症状に対して間違った対応を行えば、変形性関節症の発症に繋がりかねなくなります。

程度によっては初期治療を医師に、回復期の施術を柔道整復師に任せるのが無難です。

柔道整復師は打撲と同様に、最適な施術を施すことで体の回復力を引き出します。

体の構造や怪我の特徴を理解する専門科が施術するので、医療機関とはまた違った安心感が得られます。

症状を状態を詳細に分析した上で、最適な施術方針を採りますから、施術が長期に及んだとしても安心して任せられます。
 

  • 挫傷とは?

一般的に肉離れのことで、専門用語で挫傷と呼んでいるものです。

準備運動の不足や疲労蓄積が原因となり、硬直した筋肉の線維が傷付いてしまいます。

急激な動作が挫傷の引き金になるので、スポーツ選手や運動不足の人が発症しがちです。

症状は太ももやふくらはぎに起こることが多く、次いでお尻に発生することもあります。

太ももの場合はハムストリングスと呼ばれる、裏側の筋肉に起こるケースが多めです。

症状は筋線維の損傷や断裂などで、内部で出血が起こっている状態となります。

軽い場合は皮膚の表面に模様が発生する程度ですが、重症になると足を動かすだけでも激痛が走ります。

痛みが強い時は出血が起こっているので、応急処置で止血を施すことが最優先です。

症状の程度や状態によって治療の緊急性は変わりますから、状況に合わせて接骨院の柔道整復師のもとで施術を受けるのが合理的です。

挫傷において柔道整復師は、患部に負担を掛けないように心掛けながら、無理のない施術を施します。

とはいっても、患部を動かさないのも逆効果なので、無理が生じない程度を見極めながら施術する形です。
伸ばせるだけ筋肉を伸ばしたり手技を駆使して柔軟性の復活を図ります。

医療機関では受けられない施術なので、接骨院ならではの回復サポートが受けられます。

どれも急性の症状に限っては医師の同意が不要で、自己判断によって接骨院に通えるようになっています。

ただ施術が3ヶ月以上に及ぶ時、または同時に3箇所以上の施術が必要な場合は、理由を書面で明確にする義務が発生します。

原因を明らかにする必要があるので、こちらも医療機関を受診して診断を受けるのが懸命です。

打撲、あるいは捻挫や挫傷だと思っていても、他の疾患が同様の症状を引き起こしていることがあります。

誤った判断や施術は回復を遅らせるので、打撲程度でも軽くは考えず、正しい診断に基づいて施術を受けることがポイントとなります。

柔道整復師が取り扱う健康保険は、正式名称で療養費支給申請と呼ばれます。

やり方は二種類用意されていて、患者様が柔道整復師に全額支払い保険者に負担を請求する償還払いと、患者様は自己負担分だけを支払う受領委任払いがあります。

前者は経済的な負担が大きく、手続きの手間が掛かり患者様のデメリットが大きいことから、現在は後者の受領委任払いが主流となっています。
 
受領委任払いとは?
最初に費用を全額支払うのではなく、患者が負担分だけの支払いを行い、保険者への請求を柔道整復師に委任する方法です。

柔道整復師の手間や負担は増えますが、患者にとっては負担軽減に繋がるので、人気が高まる主流となっているわけです。

償還払いの欠点が大幅に解消されているので、接骨院を利用する場合は受領委任払いに対応する施設が狙い目となります。

具体的な受領委任払いのイメージとしては、患者様が負担分の支払いと委任状の署名を済ませ、施術を担当する柔道整復師に提出します。

次に療養費支給請求書が保険者に提出され、保険者による審査を経て保険適用分の支払いが完了する流れです。

患者様に必要なのは自己負担分の支払いと署名だけなので、明らかに手間が少なく、また人気が高まっていることにも説得力があります。
 
従来の償還払いでは、まず最初に料金の全額負担が発生していたので、受領委任払いと比べれば違いは一目瞭然です。
 
患者様は、本来保険者が負担する部分の立替を行う状態ですから、これを請求して支払いを求める必要がある点も負担です。
 
立替分の返金には時間差が生じるので、手続きの全体的に時間が掛かっていたといえるでしょう。
 
スピーディーな保険の適用や手続きが完了するようになったので、整骨院で施術を受けるなら断然受領委任払いが魅力的です。
 
接骨院で対応できる多くの怪我は、保険が適用される可能性が高いので、相談してみる価値は十分にあります。
 
ポイントは早期に接骨院に相談を済ませ、必要に応じて医療機関を受診したり、医師の同意を得て保険を活用することです。
 
比較的軽いと思われる症状にも、実は他の怪我が隠れている場合があるので、正しく状態を見極めることが肝心です。
 
打撲とは?捻挫とは?そして、挫傷とは?何かという違いを知ることで、受領委任払いとは?何か理解した上で保険適用が受けられます。
 

整骨院ではなんでも保険施術をすることができません

整骨院は保険が受けられることで知られますが、無条件では適用されないことに注意です。

慢性的な症状は整骨院においても、保険の適用外ですから、正しい保険請求を実現するのは困難です。

逆に急性だったり他の症状が隠れている場合は、整骨院による正しい保険請求で保険が受けられます。

慢性的な症状には、肩こりやヘルニアに加えて、腰痛も明確に当てはまるとされています。

他にも加齢や疲労による首や肩のこり、スポーツを行ったことで発生した筋肉疲労も保険適用外です。

神経痛やリウマチに関節炎に関しては、病院に限って保険診療が受けられるので、接骨院に限らず医療機関でも対応してくれます。

ヘルニアも病院の保険診療の対象ですから、医師に相談して治療を進めるのが一つの選択肢です。

これまでは柔道整復師の判断によって、慢性的な症状でも、保険が請求できたケースは少なからずあります。

しかし不正請求が増加したことで、現在の審査は不正請求防止の為により厳密です。

無理な保険請求は接骨院の評判を落とすので、不正請求に応じる施設は減少しています。

肩こりは元々慢性的な症状が起こりやすく、保険の適用を前提に整骨院で対応できるものではないといえます。

柔道整復師に無理を言っても、それは不正請求を求めることになるので、慢性的な症状に悩んでいる場合は諦めるのが無難です。

諦める必要があるのは保険請求だけなので、治療を受けたり回復をサポートしてもらうことはできます。

神経痛であったり、リウマチや関節炎にヘルニアの症状は、整骨院だけでなく医療機関も検討するのが懸命です。

病院なら正しい保険請求ができますし、不正請求に該当する恐れを考えなくても、正規の方法で治療の負担が減らせます。

柔道整復師に施術をしてもらう時、施術料金の名目は療養費という扱いになります。
接骨院は施術の一部で保険を使うことが認められています。

元々保険医療機関ではないことから、健康保険の施術料は療養費に該当します。

受領委任制度の登場によって、整骨院でも病院に近い保険が受けられるようになっています。

健康保険証の提示や一部負担金は発生しますが、これらの条件を満たすだけで施術してもらえます。

後は委任状に署名をして、柔道整復師に任せてしまえば料金支払いの完了です。

施術が長期に及ぶ慢性的な症状は、整骨院の保険適用条件から漏れているので、一部負担による保険施術が受けられないわけです。

日常生活の疲れや肩こりは、生活習慣で改善できる可能性があるので、保険施術の対象外なのも納得です。

腰痛や体調不良に筋肉疲労なども、健康保険の使用が認められるほどの症状ではないです。

慢性病や加齢に原因がある体の痛みも、治療の管轄が病院にあったり、保険の適用が難しい条件となっています。

治療が必要であれば病院に相談できますが、痛みを軽減する為のマッサージとなれば、管轄は接骨院に移ります。

施術自体は接骨院が得意とするところなので、期待した通りに痛みの改善や悩みの解消ができます。

ハードルは保険が適用されない部分ですから、保険適用の有無に納得して相談することが大切です。

そもそも、慢性的な症状には病気が潜んでいることも少なくないので、一度体の状態を明確にする必要があります。

何でも保険施術にはならない接骨院ですが、骨折と脱臼や捻挫に打撲と挫傷は適用対象です。

この内骨折や不全骨折、脱臼には健康保険の使用に医師の同意が不可欠です。

捻挫と打撲に挫傷は医師の同意は不要なので、直ぐにでも施術を受けたり回復を助けてもらうことができます。

対象の症状なら、正しい保険請求で料金が手頃になるので、柔道整復師に相談した上で適用を受けるのが負担の軽減に至ります。
 

ファミリア整骨院では適正な保険請求と根本施術

足立区六町にあるファミリア整骨院は、真摯な対応で根本施術を提供しています。

交通事故の怪我に強みを持っていますが、ぎっくり腰や骨盤矯正など、様々な悩みや相談にも対応します。

骨盤矯正に自信を持っているので、一回の施術で得られる変化を写真付きで掲載しているほどです。

ホームページに加えて、SNSでの情報発信にも積極的ですから、オープンな姿勢の接骨院と評価できます。

ファミリア整骨院は整体の技術も評価が高く、足立区を中心に多くの人達から選ばれています。

自由診療だけでなく、保険施術にも勿論対応していますし、適正な保険請求で安心の施術が実現します。

医療機関ではないものの、経験と実績という裏付けによって、高度な技術が提供されています。

既に口コミランキングで1位を獲得していたり、他で治らなかった症状が改善したと好評です。

肩こりや腰痛は当然ですが、原因が何処にあるか分からない慢性的な頭痛も、ファミリア整骨院なら原因を特定して根本施術が施されます。

中でも骨盤矯正は定評で、体の様々な症状が軽減されたり、解消したという喜びの声が集まります。

誰でも少なからず体に不調を抱えていますが、ファミリア整骨院ではこれを体の歪みと捉え、骨盤矯正や整体の形で自由診療を行っています。

ファミリア整骨院といえば、忘れてはいけないのが交通事故の治療です。

むち打ちは事故で良くある症状の一つですが、対処が遅れたり間違えると治療は長引きます。

この整骨院では窓口負担が0円で、他院からの転院や併院にも対応しているのが魅力です。
弁護士への無料相談も引き受けていますから、心身共に安心して任せられる整骨院となっています。

保険会社との対応や手続きもカバーしているので、事故に遭遇した人にとって至れり尽くせりです。

対応は事務的でなく、個別のケースに合わせて親身に応えてくれます。

ぎっくり腰や軽い体の痛みの為の整体も、悩みの根本的な解決に向けて根本施術が行われます。

ぎっくり腰のように、怪我の原因がハッキリとしている症状は、保険請求ができたり適用される可能性が高めです。

筋違いも保険請求の対象なので、これらの症状に悩んだらファミリア整骨院に相談してみるのが正解です。

保険が適用されない自由診療も、施術の内容や質で考えれば、医療機関より優れた結果が得られる余地があります。

慢性疲労に肩や腰の痛みは、ファミリア整骨院でも自由診療に該当する施術となります。

保険が利用できることも大切ですが、治療において重要なのは、根本施術で悩みが解消することです。

親身な治療で知られるファミリア整骨院は、常連だけでなく初めての人にも親切です。

詳しく悩みを聞いたり、症状を確認してから本格的な施術に入る点が、これまで利用してきた人達から評価されます。

スポーツや事故による急な怪我も、対応力が優れる整骨院なら全て任せられます。

体調不良も自由診療という形ですが、骨盤矯正を受ければ体の軽さやスムーズな動きが実感できます。

整体で全身をほぐしてもらうことも可能なので、日々の疲れを癒やしたい人にも朗報です。

不調が体の歪みにあれば、正確な判断と確かな技術で改善に導いてくれるでしょう。

交通事故治療に自信があり、祝日も休まず診療を行っているほど頼れる接骨院です。

保険請求や自由診療を問わなければ、何時でも優れた施術を受けたり実感できます。

ぎっくり腰なら筋肉を伸ばしたりほぐすことで、痛みが弱まって辛さが軽減されます。

骨盤矯正は背筋が伸びて姿勢が良くなるほど、大きな変化に驚く位の施術です。

整体は幅広い体の不調をカバーしますが、他にもむくみや冷え性にストレートネックなど、個別の症状にも対応してくれます。

  • 監修者情報
監修:阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師・整体師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。 
ファミリア整骨院の診療時間