ファミリア整骨院ヘッダー
ファミリア整骨院スマホヘッダー
交通事故治療むちうちの店員可能

HOME | ファミリア整骨院 | 労災保険

労災とはどんなもの?

労災とは

労災とは労働災害の略称で、労災保険は労働者に与えられている権利の一つです。
 

  • 会社は労災保険や雇用保険に加入する義務がある
労災保険 雇用保険 義務

会社には業種を問わず、労災保険や雇用保険に加入するという義務が存在します。
 

  • 労災の場合、健康保険の取り扱いはできない
労災

労災と健康保険がカバーする範囲は異なるので、労災の場合に健康保険は使えません。
 

  • 通勤途中の怪我も労災が適用される
通勤途中 労災

労災は業務中の傷病の補償で知られますが、実は通勤途中の怪我にも適用されるのが特徴です。
 

  • 業務中の怪我は労災対象
業務中 怪我 労災

業務中に負った怪我は、労災として認定の対象になります。
 

労災保険の治療は整骨院でもできる?

労災保険 整骨院 治療

労災保険を使った治療は、整骨院でも受けることができるので、早めに相談したり見てもらうことが大切です。
 
保険が適用される怪我であれば、患者様の負担なしで治療が受けられます。
 
労災保険治療は、原則として治療費が全額支給されますから、安心して治療が始められます。
 
保険証や身分を証明できる免許証などを、来院時に持参することが利用条件なので、その点には注意が必要です。
 

  • 整骨院では労災による怪我の治療が受けられる
労災 整骨院 治療

労災保険は、労働者を守るれっきとした権利であって大切なものです。
 
労災による怪我は、整骨院でも受けられると定められていますから、通勤や勤務中に怪我をしたら相談しましょう。
 

  • 労災指定を受けている医療機関かどうかを確認しよう
労災指定 医療機関

労災保険で治療を受ける場合は、労災指定を受けている医療機関か確かめることが重要です。
 
労災指定を受けていないと、労災保険による治療が認められないので、患者様が治療費を負担することになりかねません。
 

  • 交通事故も業務中だと労災適用をする場合も
交通事故 労災適用

怪我の切っ掛けが交通事故でも、業務中に起こった事故なら労災適用される場合があります。
 
交通事故はむちうちを発症するケースが多く、体の状態を確認したり治療を始めないと、治りにくく悪化することもあるので、整骨院に相談することをおすすめします。
 

  • 労災かくしをする会社に注意
労災隠し 注意

労災かくしとは、企業が労災の事実を隠して労災保険を活用しない問題です。
 
労働者を欺く行為ですから、こういった会社には気を付けて、必要だと感じたら労災に詳しい整骨院に相談です。
 
残念なことに、労災かくしを行っている企業は少なくないので、労災保険が適用されず泣き寝入りしているケースがあります。
 
労災かくしは、罰則の規定もある明らかな違法行為ですから、勤め先の対応に違和感を覚えたら頼れる相手に相談しましょう。
 
整骨院など、労災による怪我の治療が受けられる施設は、労災かくし問題に詳しいので頼りになります。

労災の手続きの流れ

労災 手続き

労災の認定を受けたり、治療費の支給を受けるには手続きが不可欠です。
 
手続が遅れると、期限切れが生じて支給が受けられなくなるので、なるべく早めに済ませる必要があります。
 
手続きに猶予は設けられていますが、早く手続きを終えてしまった方が安心です。
 

  • ①仕事中、通勤途中の怪我は速やかに会社に届け出る(応急処置が必要な場合は先に病院へ)
通勤中 怪我

仕事や通勤途中で怪我をしたら、速やかに会社に届け出て伝えましょう。
 
報告を後回しにすると、労災による怪我なのか判断が難しくなるので、可能な限り即座に届け出るのが基本です。
 
ただし、酷い怪我は応急処置が優先されるので、先に病院へ行ってからでも遅くはありません。
 

  • ②医療機関への受診し、医師の診断書をもらう
医療機関 受診

労災が発生したらまず、医療機関で受診して医師に診断書を書いてもらいます。
 
本当に怪我をしているか、怪我の具合はどうかといった証明が必要なので、医師が発行する診断書が欠かせません。
 

  • ③会社に提出を行い、治療費の請求書類をもらう
治療費 請求書類 提出

会社に労災を届け出て、医療機関で医師の診断書をもらったら、会社に診断書を提出して治療費の請求書類を受け取りましょう。
 
請求書類を受け取ることができれば、いよいよ労災の手続きはゴール間近です。
 

  • ④治療費の請求書類を医療機関に提出する
請求書類 提出

会社で受け取った治療費の請求書類は、掛かりつけの医療機関に出向いて提出します。
 
ここまでで労災手続きの大部分は完了ですから、後少しで給付金の支給が受けられます。
 

  • ⑤労基署が書類を受け取り、審査を行ってから給付金を支給する
給付金 支給

書類は労基署が受け取ることになっており、受け取った書類の審査を経て給付金の支給が決まります。
 
労災の報告や診断書の作成がスムースで、提出書類の内容に間違いがなければ、問題なく給付金が受け取れる結果に至るでしょう。
 
手続きに難しい部分はありませんが、手続方法や内容に疑問が生じたら、頼れる整骨院で尋ねてみるのも一つの方法です。
 

ファミリア整骨院の労災治療とは?

ファミリア整骨院 労災治療

ファミリア整骨院は、東京の足立区六町にある施設で、労災治療の提供も行っています。
 
もちろん労災指定の医療機関ですから、安心して治療が受けることができます。
 

  • 直接患部を触れない場合は遠隔的に治療を行います。
ファミリア整骨院 痛み 遠隔的治療

患部は怪我や病気の状態によって、酷く痛みを生じている場合が少なくありません。
 
そのような時は、直接患部を触れないように注意しつつ、遠隔的な方法で治療します。
 
遠隔的な治療方法であれば、不必要に痛みを生じさせることなく、患部の回復が早められます。
 

  • 後遺症が残らない丁寧な施術はおまかせください
後遺症 残さない

後遺症は、治療が遅れたり間違ったやり方で正しく回復できないと、生じてしまうことがある問題です。
 
ファミリア整骨院では、患者様の体を詳しくチェックした上で、最適と判断される治療を提供しています。
 
後遺症を残さないことにも自信がありますから、後遺症の恐れが気になるむちうちなどもおまかせいただけます。
 

  • 怪我の治療に必要な最新治療器を導入します
最新治療器 ファミリア整骨院

怪我の治療には、最新の治療器も導入して回復を促進しています。
 
この治療器は体に与える負担が小さく、痛みを抑える機能があるので、労災治療でも有効に活用できます。
 
痛みや痺れといった不安はありませんから、多くの患者様から好評を得ています。
 

  • 必要に応じて骨格から整体を行います
骨格 整体

怪我の治りが遅い場合は、骨格にずれなどが生じている可能性が疑われます。
 
骨格のずれは体の機能に影響するので、ファミリア整骨院では必要に応じて、骨格から整体を行います。
 
ずれや歪みを直していきますから、本来の体の調子が取り戻せたり、治っていく実感が得られるようになります。
 
労災は思い掛けずに生じるトラブルで、その程度や体に対するダメージも様々です。
 
労災保険で治療は無料になりますから、怪我をしたら信頼できる整骨院で治療を受け、手続きを経て治療費の支給を受けるのが良いでしょう。
 
足立区のファミリア整骨院の労災治療は丁寧で、痛みや後遺症の心配もない優れた技術に基づきます。
 
最新治療器や骨格からの整体も採り入れているので、効果的な労災治療が実現しています。

  • 監修者情報
監修:阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師・整体師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。 
ファミリア整骨院の診療時間