ファミリア整骨院ヘッダー
ファミリア整骨院スマホヘッダー
交通事故治療むちうちの店員可能

HOME | 対応症状 | ぎっくり腰

ぎっくり腰になってしまったら

 ぎっくり腰とは
ギクッとした衝撃で急に発症し、腰に痛みがあり、動きが制限される腰痛の総称です。
 
筋挫傷(ざしょう)、肉離れ、捻挫、ヘルニア、骨そしょう症による圧迫骨折など、様々な原因があります。
 
日頃運動不足による筋肉の柔軟性の低下や、筋力低下で背骨の安定性が低下すると、不良姿勢によるちょっとした負担でも背骨周囲の組織が傷ついてしまいます。
 
ぎっくり腰の強い痛みは、組織自体が傷ついた痛みもありますが、急性期の痛みの原因は、損傷した組織を守るために筋肉の緊張が強まったり、筋肉のけいれんが起きることが、主な要因であることが多いです。関節のちょっとしたゆがみも、筋肉の緊張や痙攣を引き起こします。
 
治療は、急性期に、背骨や筋肉のずれを直しておくと回復を早めます。
だからといって急性炎症の時期、下手に家族からのマッサージを受けると炎症を増長することになってしまいます。
 
急性期の炎症症状のある場合には、炎症を悪化させずに、筋肉の緊張緩和や関節のずれの改善が必要になります。炎症を鎮めるためには安静にする事が何より大切ですが、より早期回復を促すために筋肉の痙攣(けいれん)を和らげたり、炎症物質の除去、正しい矯正、患部の固定などが病状の時期により必要となります。
 

ぎっくり腰の痛みを早期に取ることが出来る足立区六町ファミリア整骨院

ぎっくり腰というのは、突然発症して腰に激痛が走るという症状の腰痛の総称であり、その原因はさまざまです。

ぎっくり腰になりやすい方、なりにくい方がいらっしゃいますが、突然ふとした時に誰にでもなりえるものであり、その多くが運動不足などの生活習慣だったり、不良姿勢で過ごしている方のようです。
 
足立区六町・南花畑のファミリア整骨院でのぎっくり腰の治療方針というのは、患者様に痛い姿勢を取らせない、痛い治療をしない、なるべくその日で痛みをとる、という方針のもとでおこなわれております。
 
ぎっくり腰になってしまったときに、周りの家族などにマッサージしてもらったり患部を揉んでもらったりしてしまいますと、炎症を増長させてしまうことになってしまいますので自己判断はせずにすぐに足立区六町・南花畑のァミリア整骨院で治療を受けるということが大切です。
 
もちろん、まず安静にしておくということも大切なのですが、早期回復を促すためには、手技療法だけではなく電圧治療を併用して、深部の痛みも根こそぎとることによってその日のうちに痛みを1/2から1/3にやわらげることが可能です。
 
また、一人ひとりの症状に合わせて炎症物質の除去や正しい矯正、患部の固定などをおこなっていくことが必要になります。
 
ほとんどの方がだいたい3日~5日もあればだいぶ痛みが楽になります。
 

遠方から来られる方へ

ファミリア整骨院は足立区の六町近辺からの患者様だけでなく
千葉県流山市、松戸市、柏市、埼玉県八潮市、三郷市、草加市などからも車や電車で来られる方が増えています。

また、区内ですと北綾瀬、竹ノ塚、青井、南花畑、花畑、西新井、保木間方面などからもお越し頂いております。
 
万が一、遠方からのご来院をお考えの方が必ずファミリア整骨院まで事前予約をお願いいたします。
 
せっかくお越しくださったのに長時間待たされる、治療が受けられないとなると非常に残念な気持ちになると思います。
お電話またはLINEからお気軽にご連絡をください。
 
ぎっくり腰でお悩みのは、まず足立区六町・南花畑のファミリア整骨院へご相談下さい!

ファミリア整骨院の診療時間